2度目のミャンマー1人旅(出発~ヤンゴン空港編)

なぜだか分からない不安感をもっての出発

英検3級程度のスキルで、海外旅行には何度行っただろうか。初めての一人旅は不安があったけれど、初めてではないのに初めて以上の言い知れぬ不安が今回はありました。行程はこちら。

  • 東京→ヤンゴン    2019年11月2日~11月4日
  • ヤンゴン→マンダレー 2019年11月4日~11月7日
  • マンダレー→シンガポール 2019年11月7日~11月8日
  • シンガポール→東京 2019年11月8日~11月9日(移動のみ) 

ヤンゴンは2度目、シンガポールはもうかなりの数行ってまして、マンダレーのみ初めてです。昨年、ミャンマーへのビザが1年間限定で無くなったのですが、さらに一年延長になり、行きやすくなりました。

ANAでヤンゴンまで直行で

成田からヤンゴンまではANAが直行便を飛ばしています。ヤンゴンまで直行で行けるのはかなりありがたい。朝11時くらいに出発してヤンゴンに16:30に到着します。

ちゃんとミャンマー語もあり。

オモシロ機内案内を見て出発。実際はこのビデオの後、寝落ちして気づいたら飛んでいたんですけどね。

怪しい日本円両替、ダメ絶対!

ヤンゴンの空港内で「日本円の両替ができる」という書き込みなどを見て期待して日本円しか持たずヤンゴンに降り立った私。基本日本円は両替できないです。

ですがKBZ銀行で出来るらしいという、うっすらした記憶を頼りに空港内のKBZに行くと窓口のお兄さんが「隣、隣」と指をさす。KBZの窓口の横に立つ1人の男性が「日本円チェンジできるよ」と。20,000円がいくらになるかと聞いたら「210,000チャット」。もう少しウロウロしているとまた違う人から声をかけられた。同じ質問をすると20,000円→220,000チャットという。もう日本円しかないし、ATMはお金が入っていないことも多いので、もういいやという気分になり220,000チャットで両替。お金を渡されたらその場で数えました。

偽札とかあったら嫌ですね…こわ。

今、1円→14チャット位なので単純に計算したら20,000円→280,000チャット。ATMで手数料がかかることを考えても260,000~270,000チャット位になったかと思うとこれは失敗です。お勧めしません。

皆さんはやめましょう!!

ヤンゴンの空港から市内まではGrabを利用

ヤンゴンから市内までは配車アプリ・Grabを使用。言葉が要らないのと、明瞭会計でクレジットカードも使用できるので安心です。

そう!市内に行くまで現金が要らないので、無理して怪しい人からお金を両替してもらう必要はありませんよー!

普通にタクシーに乗るより少し安いです。ちなみにヤンゴンからホテルまで7800チャットでした。

乗る際には車のナンバーを必ずアプリと確認しましょう!

ここまで、ほぼ日本語と片言英語でOKです。ミャンマー語は全く読めないので柄として認識しております。次はヤンゴンのホテルのお話をいたしますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。