2時間強で行けるヨーロッパ・ウラジオストクへ(準備編1)

ここ数年、女性に人気の台湾よりもっと近いウラジオストク。ロシアの一部です。まだまだ情報が少ないウラジオストクですが、2時間ちょっとで行けることもあり人気が高まっています。治安もよくオシャレなcafeもあります。ぜひ次の旅先として検討してみませんか?

英語ができなくっても大丈夫?ウラジオストク

ウラジオストクはロシアです。私はもちろんロシア語なんか全く知識ゼロ。そんな中、やはり少しでも英語が通じないと厳しいですね。私が英語を話せない以上にウラジオストク自体での英語普及率はあまり高くないように感じました。 以下は、本当に私の主観でしかありませんが英語に普及率をしめしてみました。

●ホテル:スタッフは英語OK。
●町のカフェやレストラン:の英語率は65%くらいでしょうか。すごく堪能なスタッフがいるところから、そうでないところまでありました。
●公共交通機関:バスは英語率0%、タクシー10%、切符売り場40%
●デパート:40%くらい(ただしグム百貨店のみ)

と、こんな感じですが、指差しやgoogle翻訳で意外に快適に過ごせたので心配しないでください!相手の方も、google翻訳で一生懸命、説明してくれようとしたり、わからないのも旅の楽しさ、コミュニケーション!と思ってみませんか。

意外に韓国語表記が充実のウラジオストク

韓国人旅行客が多いという話は聞いていましたが、びっくりするくらい韓国語表記があちらこちらに…レストランに入っても韓国語で書かれたメニューがあったり、ホテルにも韓国語表記がありました。もしウラジオストク行きを検討している方が韓国語がわかる方なら、これは朗報ですね!中国圏の観光客も多いですが中国語メニューに出会ったことはありませんでした。日本語はほとんどありません。

ウラジオストク、何泊すればいい?

大体どのくらい滞在すればいいか?と悩まれる方も多いのでは?ということで、私の旅行期間などをご紹介します。

●旅行期間:2019/4/30~2019/5/3まで(3泊4日)
●S7航空利用:
 往路:成田発 15:40→19:05 (日本との時差1時間、1時間日本より進んでます。)
 復路:ウラジオストク発 10:35→11:55

1日目は夜到着の為、ホテルの場所にもよりますが夕飯を市内で食べて終了。
2日目と3日目は終日フリーなので市内を観光したり買い物したり。
4日目は朝早いため、起きて空港→日本帰国。

フリーなのは2日間だけですが、ツアーにも参加しなくても、市内のほぼ有名どころはほぼ回れます。バレエを見たり、何かアクティビティに参加するとなると少し駆け足になるかもしれません。また、郊外(例えばウラジオストクから約2時間のウスリースクなど)に行く場合は、中3日あるといいかもしれません。

ウラジオストクの治安ってどう?

たった3泊4日の滞在ななので、何とも言えませんが私が滞在した5月の日の入りは20時過ぎということもあり、かなり遅くまで明るいです。そのため、あまり危険な感じはしませんでした。観光客が絶対に行く「噴水通り」という場所は夜まで人が多く店も多いため安全でしょう。中央広場の前も店舗が多いため特に心配はないかと思います。でも「海外であること」は変わりないので、それだけは忘れないように心がけましょう。

カフェで隣にいた日本人と思われる1人の男性が、トイレに立った時、リュックを席において行ってしまいました。隣にいたのが日本人の私だから安心したのでしょうか。いやいや、ダメです。私がそのままリュックをもって出て行ったら?ってそんなことはしませんが、絶対ダメです。

嫌な思いをしないためには、自分でも気配りが必要です。

次はビザなど具体的なお話をしますね。

Follow me!