2度目のミャンマー1人旅 持ち物編

ミャンマー女1人旅、持って行って良かったもの

1.ハーブティー

ミャンマーの料理は結構脂っぽいものがあります。また、慣れない食事で胃が持たれることもありウラジオストク旅で購入したハーブティー(カモミール)を日数分もって行きました。緑茶など飲みなれたものでもいいと思いますが、私は胃があまり丈夫ではないので健胃茶としてこれをもっていきました。

2.お手拭き

ミャンマーのお寺はすべて裸足にならないといけません。なので、毎回お寺を観光したあと足が真っ黒。足をふくためだけではなく、観光途中、手を拭くためにももっていると便利。少し多めに持って行った方がいいでしょう。

3.スピーカー

10cm角くらいの小さなスピーカーをもっているのですが、初めて海外デビューさせてみましたが、よかったです!スマホに入っている曲やyoutubeなど手軽に聞けます。TVがミャンマー語ばかりで寂しいときに!

4.カロリーメイト

ミャンマーに何度も言っている知人に、郊外に観光に行ったときの話を聞いたところ、カロリーメイトで済ませたとの事だったので、私も日本から持参しました。郊外で屋台のみとかだと、衛生面が不安だったので少しお腹にたまるおやつは便利でした。

意外に使わなかったもの

1.S字フック

他の国では活躍場面が多いのでもっていきましたが、意外に出番がなかったです。遠方への観光の時に、トイレで使うかなーと思いきや、ガソリンスタンドなども、結構ちゃんとしたトイレで、使いませんでした。

2.ティッシュのパック

箱のティッシュなみに入っている箱ではなくビニールの袋に入っているティッシュをもって行ったのですが、ホテルはもちろん、トイレもほとんど紙があったので使用せず。ポケットティッシュでよかった…。

3.ポカリスエット的な熱中症対策のドリンク粉末

これは天気に左右されるものなので、本当に必要なかったかどうかは謎。旅行前、かなり暑いと予想されたミャンマーでしたが、実際は雨が降ったりして猛暑にはならず、出番がありませんでした。暑い時に一日観光しなくてはいけない時にはあるとよいと思います!

もって行けばよかったもの

1.蚊取り線香

これは本当にもって行けばよかったと思いました。昔、カンボジアに入った時、本当にもっていって良かったと思ったんです。火の扱いは、十分気を付けなければなりませんが、ホテルの部屋の中で蚊が飛んでいた場合、ひたすら蚊との闘いです。かなり蚊に悩まされもって行けばよかったと思った1品です。

2.ポシェット

リュックとスーツケースで旅に出た私ですが、ホテルのちょっと先のお店まで行くときに…とかにお金とスマホだけ入れられるくらいの斜め掛けバッグみたいなものがあると便利。結局私はマーケットで安いミャンマー製のものを購入しました。

最後に、常に旅行にもっていっているもので役に立つものは、こんな感じ。

  • ビーチサンダル(スリッパの無いホテルは代用できる)
  • コンビニの袋 数枚(汚れたものなどを入れたりできます)
  • エコバック(スーツケースにものが入りきらない時に)

皆さんの便利グッズもぜひ聞かせてくださいね!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。