2度目のミャンマー1人旅(ヤンゴンホテル編)

ヤンゴンは新しいHotel Balmi

ヤンゴンのホテルはチャイナタウンに近いHotel Balmi。昨年ヤンゴン滞在で利用した「Hotel G」がかなり良くて、また泊まりたかったのですが、価格が高くて断念。とはいえHotel Balmiは、まだできたばかり。中はとてもきれいでベッドサイドも機能的です。部屋の広さも十分です。

シャワーとトイレに仕切り無しは 日本人には合わない

このホテルに泊まるにあたり不安がありました。それはお風呂。いろいろなホテルサイトで写真を見たのですが、どうもトイレとシャワーの間にドアや仕切りがない。「実際はあるといいなー」と夢見ておりましたが、ありませんでした。お風呂に入る際にはタオルやトイレットペーパーを一旦避難させてからシャワーに入る必要があります。レインシャワーは要らないから、仕切りを付けてくれ…。救いだったのは床の渇きがよかった事。部屋が乾燥していたのかもしれないですが、結構すぐに乾いたので助かりました。でもやっぱり濡れる箇所は最小限にしたいので、かなり端っこでシャワーを浴びていました。

朝ご飯会場の眺めは最高

朝ご飯は最上階にある食堂で食べるのですが、川の見えるところで日当たりもよくすごく良かった。(外に出て食べるのは暑いけど)ご飯の種類はそこそこあります。パンやミャンマー料理っぽい物など。チャーハンみたいなご飯がおいしかったです。

Hotel Balmi 総括

【良かったところ

とにかくスタッフが親切でよかった!駐車場にいつもいたスタッフの人が、日本語を少し話せるのだけど、街中で私を見つけ声をかけてくれた!ゲストの顔を覚えているなんて素晴らしいと思いました。ホテルの価格の安くて広さも十分。

【イマイチなところ】

バスルームのつくり。やはりシャワーとトイレの仕切りは欲しい。あと、エアコンの位置が変なところにあり、夜ガンガンしないと部屋が暑くなる。周りにあまり食べるところや買い物出来るところがなく、ちょっと不便だけと下町的な雰囲気があり、地元感を楽しめますよ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。