2度目のミャンマー、破れたジーンズに気を付けて!

ミャンマーにはお寺がたくさんあります。どれも少しづつ個性があり違う表情があります。ヤンゴンでとても有名で大きなお寺「シュエダゴン・パゴダ」、私の大好きなお寺です。観光客が多いお寺ですが、気を付けることがあります

破れたジーンズはNG!お寺には着ていかないように!

2度目のミャンマーなのに凡ミスをしてしまいました。左側の膝より少し上が破れたジーンズをシュエダゴン・パゴダに穿いていってしまったところ、外国人がお金を払うゲートで、「ちょっと待て」と止められてしまいました。

受付にいた女性が破れたジーンズの場所を指さして、「No,No」といわれてしましました。穴が大きかったからかもしれません。膝上の肌が穴から見えるのがダメなようです。

受付で簡易ロンジ―を貸してくれます。デポジットとして3000チャット取られますが、帰りにロンジ―と交換で返金してくれます。

せっかく昨年のミャンマーでロンジ―を買ったのに、ホテルに帰って着替えるのが面倒で破れたジーンズで来たことを後悔しました。なので大きなパゴダに行く際には、服装にはお気を付けくださいね。ショートパンツ以外でもわたしのように止められることがあるので…

パゴダで借りたロンジー

でもやっぱりシュエダゴン・パゴダは素晴らしい!

ジーンズの上からロンジ―風の布を巻きパゴダを中を散策。自分の恰好が恥ずかしいなーと思いつつも、よく見ると私のような簡易ロンジ―の人が結構いました。よかった。

シュエダゴン・パゴダは夕方から夜が本当はいいんです。少し高台にあるので夕日が沈むのを見ながら時間を過ごすのが素晴らしい。おススメです。この日は日が沈むにはまだ少し時間がありましたが、パゴダの上の方についている鐘が風に揺られ響いているのが美しいです。

↑は2018年に行ったときの動画。夜のパゴダ、素敵な音を奏でます。もうずっと居られるくらい癒されますよ。

シュエダゴン・パゴダには入り口から、長く続く階段があるのですが、階段の両側にはたくさんの出店があります。似たようなお土産が多いのですが、遠目に眺めて歩くのは楽しいですよ。本堂でお花をお供えしようと思って、お花屋さんでお花を購入しました。

東京で購入したら、3000円はしそうな束。500円くらいでした。

お花を買う時は予算を言いましょう!

でないと、観光客だと思って、盛りだくさんにされます。私も初めは予算を言わずに頼んだらものすごい花束を作られてしまいました…。

是非とも夕方、サンセットに行ってみてください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA