2度目のミャンマー・一人旅のツアー参加のハードルの高さ

一人旅のオプショナルツアーのハードルの高さ

マンダレーに行くにあたって、かなり苦労したのがマンダレーをどう過ごすかのプランニング。以前紹介したように、マンダレーは見どころが散らばっているため、自分の足で限られた時間に回るのはかなり厳しいと感じていました。

二度目のミャンマー・マンダレーの周り方

まず、VELTRAなどの現地ツアーを確認。数はそんなにないが、マンダレーのツアーはあるにはある。しかし、1人参加の価格がめちゃくちゃ高い!!マンダレー市内と一番マンダレー市内い近い「アマラプラ」で1人参加だと5万円くらい。日本語ガイドが付くのはポイント高いけれど、5万は出せません。一番行きたかった「モンユワ」へのツアーはありませんでした。

次に探したのはTripadviser。ここは現地の旅行会社の情報が豊富で現地ツアーもVELTRAより安めで沢山ありました。行きたかった「モンユワ」のツアーも選べるくらいあり!

が!

何社か問い合わせを入れましたが、やはり1人参加だと受付られない、1人の場合は倍額など良い答えが来ません。(一人参加の場合15,000円から18,000円という回答多し。)

また、Tripadviserで気を付けてほしいのは、ツアー掲載面で参加人数を選べる時点では1人を選択できる場合がありますが、実際聞いたら倍額とかいう落とし穴。「いや、書いてないじゃないか!」と反論できればいいですが…

心が折れそうでした…。一人旅、こんなにキツイとは!!

こんな感じに1人を選べてしまう旅行会社もあり。実際一人参加は違う価格を言われる事あり…きちんと1人が選べないようにしてある会社もあります。

英語ができないけど交渉あるのみ!

このブログのタイトルにあるように、私は英語ができません。年々忘れて行っている気さえします。正直ツアーはあきらめようかなとも思いましたが、1社に一筋の希望が!!

旅行会社からは、下記のような内容のメールが。

  • モンユワに泊まりたいの?それとも日帰りで行きたいの?
  • 英語のガイドは必要?
  • 1人参加のツアーはないけど、プライベートツアーでいいなら出来ますよ。

日帰りで行きたいです!、ガイド不要(英語わかんないし!)、プライベートツアーOK!と回答。すると回答がすぐに来て、モンユワ行き、約10,000円でどうだと。

はい、すぐにOKしました。

メールのやり取りは、google翻訳とわかりやすい英語で。

ここまでのやり取りは、ほぼGoogle 翻訳で助けてもらいながらやりました。向こうもあまり難しい英語を使ってこなかったし、わりとわかりやすい英語だったので助かりました。

英語が苦手な場合のメールのやり取りの極意

  • 言っている事がわからなかったり、不安な部分は聞き返す!
  • こちらの言い分も、「主語+動詞+目的語」みたいな超簡単な文法を使いつつ、相手に間違った解釈を与えないようにする。

支払いはかなり現地支払い?

旅行会社から、現地で支払いをするか、日本でPaypalで支払いをするか確認されました。正直どちらでするのがいいのかわかりませんが「Paypal」でメールのやり取りのあとで支払いをしました。

現地で言葉がわからなくてトラブルになるより、メール上で合意した時点で支払いをしたほうがいいかなと思ったからです。Paypalであればトラブルがあった時も、お金を取り戻す方法があるのでは?とも思ったからです(真偽はわかりませんが…)

結果的には、良い旅ができたので良かったです★

行きにくい「モンユワ」ををお願いした現地ツアー会社

マンダレー、特に行きにくい「モンユワ」の旅を実現させてくれた現地ツアー会社はこちら。

  • Ohmyanmartravel&tour HPの左上にメールアドレスが載っています。

https://www.ohmyanmartravelandtour.com/

  • Tripadviserでの紹介ページ

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g295408-d17784136-Reviews-Oh_Myanmar_Travel_And_Tour-Mandalay_Mandalay_Region.html?m=19905

Tripadviserからも質問が投げられますが、メールで投げたほうが迅速に対応してくれるように感じました。安めの設定のツアーも記載がありますが、一人の場合はきちんとツアー代を確認しよう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。