一人旅のきっかけは…友達がいなくなったから。

今年はパスポートの出番はなさそうだな…と感じる今日この頃。
今年は仕方ないと言い聞かせてきましたが、ここにきて充電が切れ、もう旅行に行きたくてたまりません!
とは行けないものは行けないので、最近昔の写真の整理をはじめたんですが、写真を見ていると自分がなぜ旅行に行き始めたのか、記憶をたどってみました。

初めから一人旅が好きだったわけではなく 若い時は女子旅を良くしていて、Guamから始まり、バリ、フィジー、台湾、ヨーロッパなどに行ってました。 英語も若い時のほうがもう少し話せた気がします(笑)

女友達が結婚し、旅する友達がいなくなった

まさに、これ。一人旅をするようになった理由。当時私は女友達と行ったフランスがとても気に入って同じ友達と何度かフランスに行って、会社の同僚にも「私はフランスが大好き!」と豪語してました。

が、一緒にいく友人がいなくなった。

これで私のフランス好きは終了?と思われたとき、同僚から「やっぱり一人でも行くくらいじゃないと、本当のフランス好きっていえないよね」という一言で火が付き、初めての一人旅はフランスでした。

不安から一変、意外に1人は心地よかった

フランスに到着するまでは、本当に不安でした。でも町に出て歩いてみると…

え?

なんか、楽しいんですけど!

ってなりました。
それまで、自分が一人で旅するなんて思ってもいなかったし、普段の生活でも一人でも大丈夫なんだ。って思った事なかったんです。
この旅で変わってそれからどんどん海外に出て行けるようになりました。

一人旅、ちょっとしたきっかけで一生の楽しみに

一人旅が趣味になったきっかけは、「一緒に旅行に行く人がいなくなった。」ただそれだけの理由でしたけど、勇気をだして一人旅をしてみたら新しい発見ができてよかったと思っています!

違う国の文化、生活習慣などが見られるのはもちろん、自分の色々な部分も明るみになって面白いです。

ああー、早くいきたいな!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA