ミャンマー トイレ事情

誰でもなるべくきれいなトイレに入りたいですよね。私もそうです。ヤンゴンではデパートや洗練されたカフェなどが多くなってきているので、そういったところのトイレに入れば安心です。また、大型ホテルのお手洗いを借りるのもよいですね。ですが郊外はどうなのでしょうか?マンダレーで体験したトイレを紹介します。

マンダレー郊外、一日観光。トイレは? 

マンダレーに行ってからマンダレーから片道3時間位のモンユワへ行きました。タクシーをチャーターをしての一日観光です。ドライバーさんとの2人旅。どのような道を通っていくのか、トイレがあるのか不安でしたが、ものすごく気の利くドライバーさんで助かりました。

  • ほぼ2時間ごとにトイレの声掛けしてくれた
  • なるべくきれいなトイレに連れて行ってくれた

もうこちらから声をかけずとも、上記2点を押さえてくれていることが本当にありがたかったです。

ガソリンスタンドのトイレ

まず、つれていってくれたのがガソリンスタンドのトイレ。ガソリンスタンド自体も結構新しい様子。トイレのインテリアも気を使っているようでかなりきれいでした。ミャンマーのトイレ、紙を基本流してはいけないので、それのせいでトイレが散らかってしまっていることも。ガソリンスタンドが新し目できれいであればトイレもかなり期待大です。

ミングンの外国人用のトイレ

「ここは行っておけ」と言われたので、いってきましたが、かなり広い敷地に何個もトイレがあり、和式でしたがきれいにしてありました。トイレットペーパーもあり。ただ、自動の水洗ではではなく、バケツがあって手杓子タイプです。200チャット入り口でとられます。ですが、払う価値あると思います。ここは地球の歩き方にも載っていました。

アマラプラの繊維工房のトイレは観光客用でキレイ

アマラプラに行ったときに繊維工房に行きました。ここは観光客用のショップがあるのですが、ショップの裏にトイレがあります。ショップもキレイですがトイレも明るくてキレイです!アマラプラに行ったらぜひ寄ってみて。ショップのロンジーの品質も良くおすすめです。

ショップ:Thein Nyo Silk Weaving

マンダレー空港のトイレは?

ヤンゴンから到着した時に、荷物を受け取った後で入ったトイレは、入れなくはないですが、んー…まあこんなもんてな感じの古くて想像通りな感じです。帰りはシンガポールに行く予定で出発の税関後に入ったトイレも空港内がキレイなのに、「んーこれか」って感じです。水浸しとかではないし、まあ入れるレベルでしたが、古い感じなんでした。

簡単でしたが、参考になれば幸いです!よいトイレタイムを!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。