シンガポールではバスをうまく利用しよう!

シンガポールの交通機関と言えば地下鉄とバス。地下鉄は東京ほど複雑になっていないので乗りやすい移動手段です。ですが、シンガポールではまだまだ網羅されていないところもあり、現在建設中のところもあるのも事実。バスに乗れるようになると、とても自由に動けます。シンガポールのバスについてご紹介します。

今は本当にgoogle mapという便利なツールがあり、海外でバスに乗ることも用意になりました。昔はバスに乗るのは至難の業でした。乗ったところでどこで降りればいいのか、どこまでいくバスなのかとか全然わかりませんでした。売りる場所を運転手さんに伝えて、バス停についたら声かけて!とか言ってましたが、今はgoogle mapによって不要になりました。google mapの発達により行きたい場所を検索すればバスの番号が出てきますし、乗っている間もgoogle mapを見ていれば目的地に向かっているかどうか、あとどのくらいで着くかとか一目瞭然です。

 

バスに乗るときの注意①Ez linkカードを用意しよう!

シンガポールのバスに乗るときは、Ez linkという公共交通機関で利用できるカードを準備しておきましょう。Ez linkは日本のsuicaやpasmoと一緒でカードにチャージされていれば、地下鉄でもバスでも利用ができるので便利です。

Ez linkは地下鉄の駅で購入可能。購入の際にはデポジット$5かかります。それと一緒に初めに数ドルチャージされます。それがなくなりそうになったら駅の券売機でチャージするという日本と同じシステムです。

Ez Linkをデポジットを払ってまで購入したくない人は現金で乗ることもできます。現金で乗る場合目的地までを運転手さんに言って、金額を把握する必要があります。現金を運転手さんの近くにあるマシンに入れると、乗車券が発行されるので、忘れない様に受け取りましょう。

Ez linkのメリットは地下鉄もバスも両方乗れることです。観光客が多いマリーナ地区等の駅では、切符を買うのにかなり並んだりするので、Ez linkがあると便利です!

バスに乗るときの注意②バス停では手を挙げて停める

日本だと、バス停に人が居ればバスは停まってくれますが、シンガポールのバスは手を挙げるとかの合図をしないと通り過ぎてしまいます。誰かが合図をして止めてくれた場合は、それについていけばいいですが、誰もいない時は手をあげましょう。

バスに乗るときの注意③乗るときは前から

シンガポールのバスに乗るときは、前のドアから乗りましょう。たまに人がいっぱいの時に後ろから乗っちゃう人もいるのは事実ですが、基本は前。乗ったらEz linkカードがある場合はカードセンサーにタッチしてください。現金の場合は①に書いたようにしてくださいね。

バスに乗るときの注意④乗ったらgoogle mapをチェック

シンガポール バスに乗ったら

シンガポールのバスによっては、中に電光掲示板が付いていて、次のバス停が表示されていることがありますので、それをチェックしてもいいかもしれません。でもやっぱりgoogle mapを見ているのが一番正確だと思うので、目的地にちゃんと向かっているかチェックしましょう。

バスに乗るときの注意⑤下車するとき

下車するときは、車内のstopボタンを押してください。後ろのドアから降りましょう。EZ linkカードの人は再度カードをタッチ。現金の方は降りるドアの付近にのるときにもらった乗車券を入れるところがあるのでそれに入れてくださいね。

暑いシンガポールで地下鉄の駅から遠い場所に行くのは本当に大変。シンガポールはバスのほうが地下鉄より町中を網羅しているので、利用すれば本当に便利です。ぜひgoogle mapをうまく利用して乗ってみてくださいね!

★一人旅のポイント

現金で乗るときが目的地までいくらなのかとかがわからないので、ちょっと難しいも…。なるべくカードを用意しておくほうが、英語で会話する必要もないしおすすめです!どうしても現金の場合は降りる場所をメモに書いて、運転手さんに見せて金額を聞きましょう!←こっちの方が絶対難易度高いです!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。