シンガポールでちょっと胃が疲れたら…

暑いシンガポールで刺激的な食べ物はオイシイものですが、滞在期間が長くなってくるにつれ、胃が疲れてくるときもあります。日本食も色々とあるので、慣れた日本食で疲れを撮るのもいいですが、せっかく海外に来ているので土地のものを楽しんでほしいです。庶民的で日本人にもなじみのある食べ物をご紹介!

胃が疲れたときに必ずいただくのがヨントンフー(釀豆腐)です。これはシンガポール版の「おでん」です。でもスープによっては日本の「おでん」よりさっぱりといただけるので、シンガポール旅行中に胃が疲れたときにぴったりです。

ヨントンフー(釀豆腐) の注文の仕方

ヨントンフーのお店に行くと、たいていずらりと野菜や練り物、数種類の麺が置かれています。お店によって違うと思うのですが、好きな具を3種類とか5種類選ぶということが多いように感じます。具の種類によって金額が変わります。また、スープも選べる場合があります。ご紹介するお店では、ノーマルな出汁味からトムヤムスープやラクサスープが選ぶことができました。フードコートだと、具を選んで置いてある器(ラーメンの器位のどんぶり)に入れて店員さんに渡すと、大きなお鍋でで茹でてくれ、好みのスープを入れてくれます。スープが入るので結構な量になるので、スープを想定して具の種類を決めましょう。英語で書かれているので単語だけでも注文は可能です。

フードコートチェーン・ Food Republicでチャレンジ!

一人旅難易度 ★★☆☆☆ (が少ないほど難易度が低いです。)

シンガポールには、Food Republicというフードコートのチェーン店があります。オーチャードの313@Somersetの中のFood Republicにはヨントンフ―屋さんがあるのでお試しください。(すべてのFood Republicが同じお店を取り揃えているわけではないので要注意。)

野菜やスープのオプションが多いので、ちょっと注文時に焦りますが、観光客慣れしたシンガポール。指差しで大丈夫!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。