ウラジオストクへ!S7航空ってどう?!

未知なる航空会社「S7航空」。ウラジオストクに直行便で行くならS7航空かオーロラ航空の2キャリアでしょう。もうウラジオストクに行く以外、乗ることないS7航空をご紹介します。

S7航空ってLCC?

S7航空はウラジオストクに行く以外、あまり耳にすることがない航空会社。
LCC?と思ってしまいそうですが実はちがいます

旅行期間    : 2019年GW真っ只中。3泊4日。
チケット購入時期:2019年1月中旬
チケットの種類 :エコノミーベーシック
チケット購入場所:S7航空サイトで直接(https://www.s7.ru/?language_id=1
購入価格    :60,000円弱
預入荷物    :有料23キロまで 約6,000円
手荷物     :10キロまで無料
座席指定    :有料約500円

そう、ここの荷物の部分と座席指定が有料という点がLCC感がですよね…
まあ今後はレガシーキャリアも座席指定有料というニュースが先日でていてげんなりしましたが…

S7航空、乗ってみてどうだった?

席は3×3の2列。
前のほうは一応ビジネスクラス。
ところどころ荷物入れが壊れているようで、使えないという張り紙が…。そんなに古い機材ではなさそうだったけれど帰りはトイレが2個あるうち1個壊れてました。2時間ちょっとなのでボロくても耐えられます。CAさんは日本のキャリアのようなスマイルはございません。それを含めてロシアを楽しみましょう。色んな方のブログで読んだ、評判の悪い機内食。2時間くらいで出すこともすごいなと思った。出さなくてもいいのに…サンドウィッチはサラダチキン飲みたいなのが入ったもの。激マズでは決してないけれど、これをいただくと日本のコンビニのクオリティーの高さに思わず感動します。飲み物はジュースとかもあり、そこそこ選べます。

機内エンターテインメントはロシア語の機内誌のみ

機内エンターテインメントはエコノミークラスは一切なし。そもそも席にモニターなし。USBを指すようなところもありません。唯一あるのはロシア語の機内誌。これも「2時間だから…」という言葉で片付けられます。どうしても暇なのが嫌な場合は事前にオフラインで見られる映画や画像をダウンロードしていくか、音楽ですかね。もしくはガイドブックを熟読しましょう。

ウラジオストクのガイドブックはこれ!全員これ!

とにかく2時間ちょいだから乗り切れる!これにつきます。エンタメの無いS7航空。とりあえず、下準備として機内ではガイドブックを熟読しましょう~
ウラジオストクのガイドブックと行ったらこれでしょう。とてもコンパクトにまとまっています。ウラジオストクのガイドブックは今のところ、これしかないので、ウラジオストクの町で会う日本人はほぼ全員これ。というか、これを持っていたら日本人決定くらいな感じです。情報が少ない場所なのでここに載っているお店では、ぜったいといっていいほど日本人に会います。
17 地球の歩き方 Plat ウラジオストク (地球の歩き方 Plat 17)

入国カードは配られない

1つどうしてもお伝えしたいことがあります。上記ガイドブックのP110にロシアの入国カードについて記載されていますが、機内で入国カード は配られませんでした。税関においてあるのかな?と思いきや、ここにも無く…VISAとパスポートでOKでした!詳しいことはまた次回お知らせします!

英語もロシア語も話せなくても2時間だから全然平気です!!

Follow me!