ウラジオストクについたら「急いで」すべきこと

ウラジオストクの空港の店舗はどうやら終了が早いとのこと。入国審査を終えたら町に出る前にやっておきたいことを紹介 します。

まずはお金をおろそう! 日本で両替は×

お金はキャッシングでおろすのが一番お得だと思います。
私の場合、master cardでおろしましたがレートは1.73円(2019年4月30日)、手数料は213円でした。
帰国後、繰り上げ返済(すぐに返済)をすれば、手数料も少ないためオススメです。
現地のお金をもっていないと不安…と日本で両替をしていったほうがいいかしら?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、かなりレートが悪いようで1ルーブル→2円越え、なんて話も。ウラジオストクの空港で日本円も両替ができるようですが、空港で両替した知人はあまりレートが良くなかったとの事。

ATMはエスカレーターのすぐ横に3台ほど並んでいます。

SIMカード購入

行く前に、空港内のsimカード店の閉店時間はかなり早いとの事で、前の記事に書いたようにかなり入国審査に時間がかかったので、買えないのではないかと思いました。しかしMTCという店舗が空いており日本人がたかっていたので購入できました。

500ルーブル一律にしているようです。購入は現金のみとなっています。
基本、sim を入れるだけです。特になにか設定は必要ありませんでした。お兄さんがスマホに入れてくれたのに現金が無かったのですが、待ってるから大丈夫だよ!と。日本人使用されています。

MTCは入稿審査を追えて出てきた出口の目の前にあるため、お客さんが集中しますが、
少し外れたところにあるBeelineは19時迄との情報を得ていたのですが、まだ空いていてお客さんもMTCより少なく、こちらでもいいかもしれません。

入国審査後はとにかく、現金ゲットとSIMカードの購入を!