手短にシンガポールを回るならコレ!!

シンガポール旅行って大抵は3泊4日くらいの方が多いのではないでしょうか。短い時間の中で、とりあえずまんべんなく回るならホップ・オン・ホップ・オフ・バスツアーが便利です!私は夜中に日本に帰る便だったので、残った時間をどうしようかと思いこれに乗りましたが、一人旅でも、そして旅の最後に乗っても超楽しめます!そんなシンガポールのホップ・オン・ホップ・オフ・バスツアーをご紹介します。

Hop on Hop off bus(ホップ・オン・ホップ・オフ・バス)とは?

「Hop on Hop off bus(ホップ・オン・ホップ・オフ・バス)」とは世界97都市に展開する観光バスです。本当に今世界中に増えていて、先日私はロシアで乗ってしまいました!「Hop on Hop off bus(ホップ・オン・ホップ・オフ・バス)」はスペインの会社がやっているのですが、シンガポールではDuck & HiPPOという会社が運営しています。

Hop on Hop off bus(ホップ・オン・ホップ・オフ・バス)のメリット

・多言語対応

この「Hop on Hop off bus(ホップ・オン・ホップ・オフ・バス)」のメリットは多言語対応をしているところです。シンガポールでは12言語の音声ガイドがあるそう。日本語ガイドツアーに入ったりすると、国によっては結構高くついてしまう場合がありますが、これだったら街の説明を日本語で聞けるのがいいですね!

・乗り降り自由

「Hop on Hop off 」とは「乗り降り」のこと。バスの名前の通り、乗り降り自由なバスなんです。乗るときに降りる場所などを記した地図をくれるので、じっくり見てみたいと思う場所で降りて、また乗りたい場所から乗れるというのが便利です。

・二階建てバスで暑さを吹き飛ばせ!

「Hop on Hop off bus(ホップ・オン・ホップ・オフ・バス)」の2階の一部は屋根がありません。そこにのると観光している時の暑さは感じられず、気持ちのいい風を感じるとこができます。歩いている時には気付かなかったシンガポールの新たな発見ができますよ。

・停留所がいっぱい!!

 シンガポールの「Hop on Hop off bus(ホップ・オン・ホップ・オフ・バス)」はとにかく色々なところから乗ることができます!ホテルの前から乗れる場合もあるので、泊まっているホテルの近くから出ていないかチェックしてみてくださいいね。約50か所とも言われるの停留場があります。ちょっと暑い時にバス替わりにのるというのも手です。

・コースを選んで効率的にシンガポール観光!

シンガポールの「Hop on Hop off bus(ホップ・オン・ホップ・オフ・バス)」は下記のようなコースが設定されています。

【メインライン】

  • イエロー・シティー・ライン

こちらが一番距離が長い気がします。クラークキーやマリーナ地区からオーチャードのほうまで網羅しています。

  • レッド・ヘリテージ・ライン

エスニックな場所を通るラインです。リトルインディア、マレーカンポン、チャイナタウンを通ります。一部マリーナ・ベイサンズのところも通ります。シンガポールらしさが見えるラインです。

  • ブラウン・ライン

これといったテーマがないライン…でも、最近話題のチョンバルを通ります。チョンバル自体ちょっと行きにくい場所なので、このラインを使うと便利かも。チョンバルでおしゃれなお店やカフェを探すのも楽しいですよ。

  • ブルー・ライン

一番こぢんまり回るラインだと思います。スルタンモスクの近く、リトルインディア、ラッフルズホテルあたりを回ります。ちょこっと乗ってみてHop on Hop off bus(ホップ・オン・ホップ・オフ・バス)の色々なラインが出ているサンテックシティでほかのラインに乗り換えてもいいと思います。

Hop on Hop off bus(ホップ・オン・ホップ・オフ・バス)のデメリット

やっぱり金額ですね。ちょっと高いと感じる方も多いと思います。

ただ、乗り降り自由ということで、ツアーだとみんなと一緒に行動しなくちゃならないけれど、これだったら自分の好きなところで乗り降りできるので、その手軽さを体験していただきたいなと思います。

Hop on Hop off bus(ホップ・オン・ホップ・オフ・バス)の詳細

価格→ちょっと購入するところで多少の違いはあるみたいです。38SGドルくらいです。(一日券)。シンガポールエアを利用の方だとちょっと特典もあるようなのでチェックしてみてください。

Duck & HiPPOのHP

http://www.ducktours.com.sg/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。