女性一人旅シンガポール、深夜着の場合どうする?

 

日本からシンガポールへ行くのに、現地に深夜に着く便は結構多いですよね。私も何度もそういった便で行ったことがあります。治安が良いとはいえ、やっぱり女性一人旅で深夜着は心配ですよね。いくつか考えられる方法を紹介します。


シンガポールチャンギ空港のトランジットホテルに宿泊

安全面を考えるなら、これが一番いいです。6時間ごとに金額が設定されているので、夜中にチェックインして、朝チェックアウトすればMRTやバスなども動いています。このホテルは大変人気があるので、運が良ければ突然行っても泊まれる場合もあるようですが、満室のことがほとんどなので、必ず事前予約を。以前シンガポール・チャンギ空港にあるトランジットホテルの記事を記載しましたので、予約や部屋の雰囲気、荷物の受け取り方についてはそちらを参考にしてくださいね。

トランジットホテルのラウンジに滞在する

トランジットホテルとは別にラウンジに滞在するというやり方もあります。トランジットホテルのすぐ近くにあり、ホテルと同系列のラウンジです。ゆったりしたソファやマッサージチェア・シャワーやお茶や軽食サービスもあります。そういったものがすべてセットになったパックがあるので利用してみましょう。こちらもHPから事前予約ができます。ホテルに泊まれなかった人がこちらに流れる傾向があるので、できればこちらも事前予約をお勧めします。

トランジットホテルの記事はこちら→ 

タクシーで街に出る

これは賛否両論あるでしょう。回数で言ったら私はタクシーで移動した回数のほうが多いです。心の中で「シンガポールは治安がいい」と思っているからだと思います。実際に何か問題があったこともありません。でも「絶対安全なので使って大丈夫」とはやはり他人様には言えません。運転手さんが良い人であっても、スピードをとても出す人も多いので運転に不安がある場合も…。犯罪が全くないわけでもないので、これは自己責任です。ただ、タクシーで街に出て街のホテルに泊まってしまえば、朝ゆっくりできますし荷ほどきもできます。

いかがでしょうか。いくつか方法はありますが、直感的に「危険」と感じたら、絶対無理をせず、お金も惜しまず、そこから動かないことも大切です。一人旅だからこそ、自分を大事に楽しい旅行を!

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村