女性の一人旅の安全、どう確保する?

一人旅をするのはとても楽しいものです。私は到着した空港でとても開放的な気分になります。でも同時にここは外国…。どんなに何回も一人旅をしていても、やはり緊張感はあります。海外で私が気を付けていることが、少しでも参考になるとうれしいです。

移動中では居眠りをしない

よく電車やバスで寝ているのは日本だけ。とかいうのを聞いたことがあります。実際、海外ではあまり交通機関内で寝ている人は見かけません。友達と一緒の個人旅行などでは正直人と一緒ということで寝てしまうこともありますが、一人旅の時は盗難のことを考えなるべく寝ないようにしています。どうしても寝てしまいそうな時にはカバンの取っ手を自分の腕にかけておいて取られないようにします。

夜の散歩はホテルの周りの様子を見てから

危険を避けるためには、夜はなるべく出歩かないほうがいいとは思いますが、夜散歩に行きたいときもあると思います。そういう時はまずはホテルから少し出て街の様子を見て判断します。「女性一人旅のホテル選び」の記事に書いたように、基本的には街の中心部に泊まれば、もともと危険な地域の場所でない限りは21時くらいまでは平気なのではないかと思っています。深夜までの外出はやはりお勧めしません。路地裏に入ったりすることも避けてください。

外出時は荷物は少なく

外出時は極力荷物を少なくしています。夜ちょこっと食事を食べに行く位だったら、私は必要なお金とスマホだけもって外出します。かばんには極力無駄なものは入れません。パスポートも持たずに出ていること、結構多いです。ただ、これに関しては、部屋のセーフティボックスが安全かどうかは何とも言えません。私はセーフティボックスに入れておいて何か被害にあったことはありません。

服装は滞在する街に合わせる

一人旅だからといって、汚い格好やラフすぎる格好はかえって旅行者だというのを主張しているみたいです。無理しておしゃれする必要はありませんが、なるべく滞在している国に合わせて服装を考えています。これはなるべく街に溶け込んで旅行者だとバレないようにするため。滞在先が高いであれば東京で着ているものとさほど変わらないものにしたり、田舎町だったりした場合には、ジーンズとTシャツのようになるべくシンプルな格好にしてなるべく街に溶け混むようにしています。

スマホやタブレット・カメラは必要な時にサッと出してサッとしまう

以前南米で日本人の大学生がタブレットを取られ、取り返そうとしたところ撃たれてしまうという事件がありました。実際に自分がそういう目にあったら、私も本能的に取り返そうとしてしまうはずです。ですが、こういった悲しい事件もあるので、やはり機器類は大っぴらに出さないほうが無難です。二年くらい前に行ったホーチミンでは、スマートフォンのひったくりが流行っていて、私も手に持っていた時に現地の方に注意をされました。今や世界中で使われているように感じるものではありますが、できるだけ使用しない時は見えないところにしまうようにしましょう。

バッグは道路側には持たない

これは日本にいても言われることですよね。道路側に出して持ち歩いているとバイクなどでひったくられたりすることがあります。同時にそれで転んでけがをしたなんてことも聞いたことがあります。斜めがけバックがいいとはいいますが、無理やり引っ張られたりすることを考えるとちょっと悩みますが、なるべく歩くほうも道路に近いところを歩かないようにして、バッグは歩道側で持つようにしましょう。

もう知っているよ。ってこともあるとは思いますが、もう一度確認して見舞てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。