台湾一人旅で困ったことは?

台湾人気、日本人にとって不動のものとなっているはず。私ももう数えきれないくらい行ってますし、今は一人で台湾に行く女性も多いですね。情報自体はあふれています。私からは、台湾に行って困ったことを紹介しますね。ぜひ参考にして台湾旅に出てもらえたらいいなと思います!

台湾で困ったこと(1)トイレの紙をつい流してしまう!

台湾に行ったらトイレの紙は流さず近くにあるバケツに捨てるというのは有名な話。紙が山盛りになっていたりすると、本当に嫌…。でも郷に入れば郷に従え。台湾のトイレに入ったら紙は流さず、バケツへ…といっても、これは何度言っても滞在中一回は日本の習慣で流してしまう!でも、流したからと言ってその場で詰まってしまうわけではないので、大丈夫です。ただ、この習慣も台湾政府あげて無くす方向に動いています。まだまだバケツが置いてあるところが多いですが、そのうち一個も無くなる日が来るかもしれません!

台湾で困ったこと(2)メニューがわからない!

台湾に行き始めたばかりのころ、本当にメニューが分からないで大変でした。漢字があると言っても意味が違うものも多いです。また、カタカナで発音するようなものが漢字になっていることも多く、頼んでみたけど出てくるまで分からない等も多いです。

  • 布丁→プディングを漢字読みにしている感じ。プリン
  • 猪肉→いのししの肉ではなく豚肉
  • 烏龍麺→ウーロン麺、ウーロン麺…うどん。
  • 花枝丸→イカのすり身
  • 羹 ・焿とつくものはとろみのあるスープ類

とかとか色々あるので行く前に食べたいものを予習していくとスムーズです

台湾で困ったこと(3)タクシーで英語も日本語も通じない!

親日家と言われる台湾ですが、多くの方が日本語を話せるわけではありません。タクシーに乗って例えばホテルに行ってほしい時、たまにホテルの名前を英語名で行っても通じないことがあります。例えば「アンバサダーホテル」。私たちは英語名のほうがなじみがあるし覚えやすいのですが、分からない場合があります。台湾のアンバサダーホテルの中国語名は「国賓大飯店」です。こちらで言えば絶対に通じますが、中国語の発音を覚えるのも大変。そういう時はメモを準備。

  • 漢字で行きたい場所の住所を書く
  • 漢字でホテル名や行きたい場所を書く
  • ホテルカードを持っている時はホテルカードを見せる

ポイントは漢字で書くことです!

台湾で困ったこと(4)電車で「私の席がない?!」

台湾の新幹線ではこのようなことに会ったことはないですが、台湾の国鉄では予約していた席に行ったら違う人が座って居た!なんてことに会うことがたまにあります。空いていれば座ってしまうということが、習慣化されているようです。でも座っている人に切符を見せて自分の席だとわかってもらえれば、すぐにどいてもらえますので、遠慮せずにアピールしてくださいね!

 


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村