台湾の日本語通じる率は?

台湾に行く人が本当に多くなって、東京~台北線はドル箱路線と思われる今日この頃。台北便に乗ると自分のような一人旅の女性を結構見かけます。治安も比較的いいですし、台湾に関する情報もたくさんあるのですごく行きやすいですよね。そんな台湾ですが、日本語ってどのくらい通じるのでしょうか?はたまた英語は?

私自身、困った時に日本語で話しかけたことがあるかというと「ない」です。ですが、困っているときに日本語で声をかけられたことはあります。お年寄りが日本語を話すというのは結構聞くと思いますが、若い人も日本が好きで勉強しているという人も多いようで、カタコトで話せたりすることがあります。お店に入って、日本語で話しかけられたりしたことはかなりあります。ですが、私の感覚としては、日本語だけで台湾旅行は無理です。

英語は通じる?

ホテルは普通に英語が話せるスタッフがいるので大丈夫です。ただし、すごい安いゲストハウスやラブホテルを兼用しているようなところだと英語が通じない。という経験がありますので要注意。街中で英語が通じるかというと、若い人でも英語が得意な人と苦手な人がいるなーという印象です。タクシーの運転手さんで英語が通じる人に出会った事、今までないです…。実際いるのかな?

中国語ばっかりなの?

基本表示は漢字表記ですので、漢字だけ読んで理解できる場合もあると思います。少なくとも欧米人よりは有利ではないでしょうか。中国語を勉強するのはとても難しいので、挨拶くらいはコミュニケーションの1つと思って覚えていくことをお勧めします。

筆談はできるの?

私は過去、台湾の田舎で「今日の◯◯行きの始発バスに乗りたい」といいたくて、「今日始発BUS」と書いて見せたことを今でも覚えていますが、全く通じませんでした。(笑) 結局たまたまいた日本人の方に助けていただきましたが、漢字でかけばいいっていう簡単なことではありません。例えば「走」のように、日本では「走る」の意味でも、中国語では「歩く」の意味です。「告訴」も日本では「告訴する」ですが、中国語では「言う、報告する」などの意味になります。中には通じるものもあるので、一回試す。というのは良いかもしれません。それも旅の醍醐味。

結論は、スマホ環境を整える

結論としては、今はスマホがあるので、それでかなり解決できるはず!ですのでスマホ環境は整えていくことをお勧めします!個人旅行の強い味方はスマホです!

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村