ディープなシンガポールに潜入しよう!

シンガポールって今話題になるのはベイエリアあたりばかりで東京と一緒じゃん!!
都会過ぎてつまらない。
とお思いのアナタ!!
意外にシンガポール、ローカルっぽいお店が集まったところ、結構あります。
シンガポールのちょっとディープな場所、代表的な2店をを紹介します。

シンガポールはデパートやショッピングモールがたくさんありますが、正直どこも内容は似たようなものばかり。
そんな時にもってこいなのが、シンガポールの雑居ビルです!

ゴールデンマイルコンプレックス

ここはリトル・タイと呼ばれていて、一階にはタイ料理屋さんやタイの食材を売っているところなどがいっぱいあります。初めて行ったときは薄暗くって、少しビビりましたが、マレーシア行の長距離バスなどが出ているのでバックパッカーや観光客も多く危険ではないので、ぜひ一度シンガポールのリトル・タイを味わってみては?

 

ラッキープラザ

シンガポールに行ったら、みなさん絶対にオーチャードは行くでしょう。そのオーチャードにあるラッキープラザもおススメです。ここはフィリピンの方が多く集まる場所でもあります。シンガポールでシッターさんとして働くフィリピン人は大変多く、その人たちの癒しの場所でも。ものすごい広くって、お店も多いので迷ってしまいます。一階は携帯屋さんや両替屋さん、バラマキによさそうなお菓子が売っているお店など、2階以降はマッサージ屋さんが結構多く、お土産屋さんもあります。ちなみに1階の携帯屋さんでメモリーカードを買ったことがありますが、そこではぼったくられました…。4階にある「ちょうさんの店」というお土産屋さんは安くてシンガポールらしいお土産がいっぱいなのでおすすめです!

 

こんな感じに、シンガポールは意外に雑居ビルが楽しいです。ぜひシンガポールに行ったら、雑居ビルに潜入してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。