シンガポール内での移動に便利なものは?

前回バスの乗り方を説明しました。移動をするときに便利なものはEz Linkというカードだと思っているのですが、1度シンガポールに行って再度行かれる方はEzlinkが便利だと思うのですが、その後行く予定がない人もいると思います。そのためにシンガポールの公共交通機関で使える様々なツールをご紹介します。

通常のチケット(Standard Ticket)

購入場所

 各駅の券売機

料金

デポジット不要。必要なのは行きたい場所への運賃だけ。

特徴

厚紙の仕様になっていて最大6回まで再利用可能。6回使うと10セントの割引があります。バスには使えない。デメリットとしては毎回券売機に並ばないとならない。

使い方

券売機でこのチケットを購入し、2回目以降は券売機にこのチケットをを置いて、次の移動場所までの料金を支払います。ようは、毎回日本のように紙の切符が不要で最終的に10セントお得になるというチケットです。

Ez linkカード

購入場所

各駅の窓口

料金

カード自体の価格は12ドル。内訳として5ドルがデポジット、7ドルが運賃となります。通常チケットで乗るよりもカードのほうがちょっと安いです。(数セントですが。)

特徴

日本のICカードと一緒でチャージさえしておけば、タッチするだけで電車もバスも乗れるので非常に便利。そのほか乗り物だけではなくセブンイレブンなどでも利用可能。デメリットとしてはデポジットの返却がないこと。

使い方

公共交通機関ではタッチするだけ!

ツーリストパス

購入場所

指定の駅など

料金

1日パスは10ドル、2日パスは16ドル、3日パスは20ドル。このほかにデポジット10ドルかかるが、最終的に返却される。

特徴

チャイナタウン・ヘリテージ・センターの入場料が無料、;D Happy Factory でシンガポールスリングが1杯無料という特典付き。チャイナタウン・ヘリテージ・センターは通常入場料は15ドルかかるので、元をとるためにも、このチケットを買ったら絶対行ったほうがいい!

使い方

Ez linkと一緒でバス・電車とも乗り降りの時にタッチするだけ。

関連リンク 

http://thesingaporetouristpass.com.sg/ja/

★一人旅のポイント

短期間で、しかも次にシンガポールへの再訪の予定がない場合はツーリストパスが便利だと思います。でも交通機関だけだと元を撮れない可能性があるので、パスについている特典ば必ず使おう。再訪の予定がある人はEzlinkがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。