シンガポールの言葉事情

このブログの本質である言葉の問題。多民族国家であるシンガポールはどうなんでしょうか?英語?中国語?

シンガポールは何語?

シンガポールに旅行する時、一体何語何だろう?と思うことはないでしょうか?旅行だけを考えれば英語がわかれば大丈夫です。私は英検3級なんで、その程度の英語でシンガポール旅はできます。シンガポール人の英語はシングリッシュと言って独特の言い方があったりしますが、街に掲げられている表示は英語で記載があるので安心です。ホテルのスタッフ、レストランのみなさん英語が堪能です。

日本語は通じるのか?

日本語の通じる率はとても低いと感じます。やはり英語が多いと思います。ツアーなどで連れていかれるシンガポールの免税店などでは日本語ができる人が多いかもしれませんが、昨今は日本人より中国人のほうが多いので中国語で話しかけられることも。

中国語は話せたほうがいい?

シンガポールは中華系の方が多いです。中国語を多く話す方もいらっしゃいますが、多民族国家なので、どの方が中国語を話してどの人が話せないのかの見極めができない。マレー系の方も同じアジア人なので顔だけでは判断が付きかねます。ですので、やっぱり英語がわかればいいと思います。でも漢字表記があることがほとんどなので、英語と漢字表記両方見ると言葉の意味が分かったりして楽しいですよ。

リトルインディアやチャイナタウンでは?

リトルインディアだとタミル語というクルクルした感じのカワイイ文字がすすれているところが多いです。ですが、リトルインディアも観光地化されている場所なので、英語でOK!チャイナタウンはその反対に漢字で書かれている看板が目立ったりしますが、ここでも英語は通じるのでレストラン・買い物も安心です。

結論

三泊四日くらいのシンガポール旅なら、カタコト英語で問題ないです!よっぽど変わったこと(なんだろう…?)をしなければ心配する必要はありません。治安のいいシンガポールでシンガポール旅を楽しんで~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。