シンガポールでSIMカードを買う

海外旅行に行くとき、携帯電話の通信ってどうしていますか?私は今までモバイルWi-Fiを借りて持って行ってましたが、長期だったり、国をまたがったりするとレンタル代が割高になってしまいます。そこで現地のSIMカード!全然金額が違います。ちょっと難しそう…と倦厭してしまいがちですが、SIMフリー電話を使っている方はぜひ使ってみてください!今回はシンガポールでのSIMについてご紹介します。

シンガポールでSIMはどこで買う?

シンガポールでは空港でSIM買いました。空港は入国審査を終えて制限エリアを出るとすぐにSIMカードのカウンターがあります。シンガポールではいくつかの会社がSIMカードを発売しています。有名なところだと「Singtel」「StarHub」でしょうか。私は「StarHub」のカウンターにいきました。理由は目の前にあったから。注意していただきたいのは、夜中に到着した場合空港でSIMが買えない場合があります。その場合は街のコンビニなどで買わないとならないのでご注意ください。

SIMの金額は?

私も初めて買うときはドキドキで色々なブログで予習しました。30ドルのカードを勧められたという記述をしている方が多いのですが、確かにカウンターには30ドルのばかり宣伝しています。案の定それを勧められましたが、15ドルのものがあるというネタは仕入れていたので、カウンターでそれを言うとちゃんとありました。

シンガポール・SIMの設定は?

さて、設定です。シンガポールは基本、カウンターのスタッフさんにスマホを渡したら、全部設定してくれます。アジアの旅行に行った方のブログなどを見ると、みなさんそうしているみたいです。ちなみに私はiphoneユーザーですが、SIMカードを外すピンを忘れてもカウンターには大体置いてあるので、忘れてもOKです。これを入れたおかげで、現地ではサクサク、どこでもネットもできるし、通話もOKでした。初めにご説明をしたように、空港で買った場合はこのように設定をしてくれることがほとんどですが、コンビニで買った場合は設定を自分でしなければならないかもしれないので、できるだけ空港で買うことをお勧めします。

日本でWi-Fiを借りた場合とシンガポールでSIMの場合の違い

日本でWi-Fiを借りるメリットとしては、使い方が簡易で特に設定がいらないことでしょうか。もしわからなくても日本語の説明書が付いていますので安心です。デメリットとしては、やはり価格でしょう。

あるレンタルWi-Fiでシュミレーションしてみると一日670円(3G)

SIMを買った場合は5日間で15シンガポールドル(日本円で約1200円)

全然違いますよね。

SIMカードのメリットはとにかく価格です。デメリットは仮に自分で設定しなくてはいけない場合、やり方を予習しておかないと…というところでしょうか。あとはご自身のスマホがSIMフリーでないと利用できないのでまずはSIMフリー手続きをしてくださいね!

★一人旅でのポイント

英語が話せなくても「I want to buy sim card」位は言えますよね。大体「何日?」と聞かれることが多いので、「4days」とか滞在日数を言うと適当なものを出してくれます。しかし、今回書いたように高いものを前面に出している会社もあるので、予習したり、何軒かまわってみて安いのを選ぶのも手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。