シンガポール おすすめホテル(1)

シンガポールにはたくさんのホテルがあります。シンガポールのホテルの特徴は価格に思いっきり部屋の価値が出るということ。要は安かろう悪かろう。ということです。特にシンガポールの中心地のホテルはバカみたいに高くて、最低でも10000円は出さないとトランクも広げられない部屋に当たることも…。今回は私が過去に泊まったシンガポールらしいホテルをご紹介します。

ご紹介するのはビレッジ ホテル カトン バイ ファー イースト ホスピタリティ。名前の通り「ファー イースト ホスピタリティ」というグループのホテルの1つです。「ファー イースト ホスピタリティ」はシンガポールの他ヨーロッパにもホテルやレジデンスを持つ会社です。

「ビレッジ ホテル カトン」はプラナカン文化を体験できるカトン地区に

シンガポールのカトン地区にある、かわいいショップハウス

「ビレッジホテル カトン」はカトン地区にあります。この地区はプラナカン雑貨やプラナカン文化に触れることができる場所。「ビレッジホテル カトン」からすぐ近くには、かわいいショップハウスが並んでいて、オーチャードとは違う雰囲気を味わえます。プラナカンの文化や歴史の広がるカトン地区やショップハウスの並ぶジョーチャットを散策して、プラナカン文化を体感しましょう!

「ビレッジ ホテル カトン」は、とにかくインテリアが素敵!

「ビレッジホテル カトン」はプラナカン文化を感じさせる装飾や家具がフロントはもちろんのこと、部屋にもばっちり用意されています。絨毯、洗面台のタイルから食器まで、とにかくかわいくて、素敵なんです。ホテルの部屋も大きくたっぷり使えます。

ビレッジホテル カトンのノーマルタイプのお部屋。絨毯はプラナカンのタイル柄。ライトはアジアンチックなもの。
洗面台もこの可愛さ。お風呂はバスタブはありませんが、レインシャワー付きのシャワーブースが。湯量も水の勢いもたっぷり。
クラブラウンジが使用できる1ランク上のクラブフロアのお部屋。ブルーの落ち着いたお部屋です。一人旅にはもったいない広さ。
なんと、クラブフロアのお部屋にはバスタブがお部屋に。泡のお風呂でリッチな気分!後ろにシャワーブースがあります。
ラウンジはクラブフロアのお部屋に宿泊の場合、いつでも利用可能。お茶やお菓子、ディナーもここでいただけます。食器はプラナカンの食器で統一されています。
クラブラウンジ内。静かに本を読むもよし、お茶をいただくのもよし。

 

「ビレッジ ホテル カトン」のホスピタリティは一流。

「ビレッジ ホテル カトン」のスタッフはとてもフレンドリー。それでいながらホスピタリティあふれるサービスを提供してくれます。以前、私が深夜のフライトで帰国する時も「帰る前にジムのシャワーを使っていいですよ」と提案してくれました。チェックアウト後、観光をしていると、どうしても暑いシンガポールだと汗をかいてしまいます。シャワーを使いたいときにはシャワー付きのSPAに行くなどの工夫をしていることが多いのですが、こういった提案は本当に助かります。また、このホテルはチャンギ空港とのシャトルバスがあり、宿泊客は無料で乗ることができます。

「ビレッジ ホテル カトン」の料金は?

安い時であれば15000円くらいで泊まるとができます。「ファー イースト ホスピタリティ」のサイトに会員登録すると、お得に泊まれるメールも来ます。私は会員ですが、会員のほうがよい客室にグレードアップしてくれる時もありますし、登録しておいて損はないと思います。

「ビレッジ ホテル カトン」立地は?

中心地からは離れているため、不便のような感じも受けますよね。チャンギ空港には近いので、私は帰国前日の1泊だけ2泊だけ泊まるということが多いです。ホテルの周りにはラクサの有名店やショッピングモールもあります。なによりプラナカン雑貨の有名店もありますので、最終日ゆっくり過ごすのによいと思います。また10分ほど歩けばホーカーセンターもありますよ。112 Katong Mallというショッピングモールにもレストランやフードコートもあります。

ビレッジホテルカトン 

http://www.stayfareast.com/en/hotels/village-hotel-katong

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。